方位の吉凶一覧

吉方位:八白・六白の方位

八がめぐる方位と六がめぐる方位は吉方位です。家や部屋の中央に黄水晶など財運に関係のあるものを置いてよい気を取りこんでください。幸運を運んでくる方位と考えてください。健康・名誉・権力の方位です。家の内部のリフォームに向いています。

記事を読む

凶方位・五黄サツの方位

五黄サツは、毎年五のめぐる凶星(廉貞星)の方位です。三サツや太歳より数倍強い力をもった方位です。災難や病気をもたらす方位です。五黄サツは『触らぬ神に祟り無し』という意識が最も効果的です。玄関や入り口がこの方位にある場合は、水晶クラスターや風水化殺好転十二方位牌、麒麟、瓢箪、風鈴などの風水用品を使います。改築・改装時にいろいろな事故や怪我、トラブルが一気に続々と起こってきます。枕の位置もこの範囲からはずした方が良いです。また、電気機器やガステーブル、動きのあるものもこの五黄サツの範囲からははずします。改築・改装して一気に運気が落ちたと思ったらすぐ手を打ってください。

記事を読む

凶方位・病符サツの方位

ニ黒病符はニ黒ともいわれ、毎年めぐる凶星(巨門星)の方位です。三サツや太歳より数倍強い力をもった方位です。災難や病気をもたらす方位です。水晶のほかに風水化殺好転十二方位牌、麒麟、風鈴、瓢箪、羅盤などを使用します。風水用品のない場合は、屏風、衝立、カーテン、簾などで防ぎます。もし、玄関や部屋のドアがこの方位に向いている場合、その家、その部屋には1年間、体調を崩したり病気になりやすかったりするサツが入ってきます。

記事を読む

引越し・移転は天馬の方位

馬は長大な交易や移動にかかせない動物として古代より生命力、富と権力=財運のシンボルでした。馬は極めて家族愛の深い動物なので家族円満のシンボルとしても働きます。馬の使い方は3種類くらいありますが、天馬の方位に合わせて置く方法と財運を上げ家族円満には午の方位=南に置く方法をお伝えしています。引っ越しの場合は、家の向きによって方位が変わります。また馬の頭をどちらに向けるかが重要です。既に引っ越し先が決まっている場合は、その方位に合わせます。引っ越ししたい時は玄関に向けます。最適な引っ越し先を見つけたい時は、玄関の近くに置いて頭を外に向けておきます。

記事を読む

勝負の時は城門訣の方位

勝負の方位=城門訣の方位。どうしても叶えたいことがある時は、願いをかけたものを城門訣の方位に置いて下さい。まずその場所をきれいに保ち、古銭剣や水晶ポイント、紙に書いた願い、ポスターなどで構いません。方位は家の中心から見ての方位です。ある部屋の中ならその部屋の中心から見た方位です。

記事を読む

試験資格は文昌の方位

中国の街中にそびえる塔・文昌塔は中国の道教のシンボル。道教の道師はここで学問をして、精神を集中してきました。また、科挙という親族の盛衰にも影響を与えた中国の試験制度の文昌帝君という神様にちなんでいます。菅原道真公をまつった天神様のような学問と受験の神様です。北斗七星の側にある文昌星という六つの星を神様になぞらえて、広大な宇宙のパワーを身につけようという信仰がその根底にありました。神様と宇宙と先師の力を味方につける方法が文昌塔の使い方です。

記事を読む

結婚と恋愛は桃花の方位

桃花の方位は、恋愛・結婚・美貌の運気を高める方位です。この方位にベッドを移して眠ると効果があります。それができない場合は、ローズクオーツ(紅水晶)の七星陣やその加工商品を置いたり、銅製の花瓶を置いたりします。但し、銅製の花瓶を置いた場合は、必ず明るい色の生花を活けてください。空のままだと桃花サツといって浮気や不倫になる傾向が出ます。家や部屋の中心から見た桃花の方位に花をローズクオーツと一緒に飾ると効果がアップします!

記事を読む

二十四方位・八方位表

巒頭では周囲の建物との位置関係、建物の形や間取りから吉凶を判断します。一方、建物の方向から無形の影響力を判断する理気では、建物の向き(向)とその反対の建物が座している方向(座)とから判断します。八方位と二十四方位がよく使われるポピュラーなものです。八方位法ではすべて45度で分られ、15度づつにわかるのが二十四山方位法です。玄空埃星盤を使用する玄空派の場合は十六山方位になります。

記事を読む

家の中心の出し方

コンパスと平面図を使って今住んでいる家やオフィス・店舗(=陽宅)の中心(=太極)を求めます。

記事を読む

鬼門と裏鬼門

鬼門とは方位盤では艮(うしとら)の方位(丑と寅の中間=東北)を指します。またその正反対の坤(ひつじさる)の方位(未と申の中間=南西)は裏鬼門といわれています。

記事を読む

水を置くだけで開運

水を置くだけで開運できる!まず家の座山と玄関の位置をチェックしてください。

記事を読む

向きと方位の違い

風水では向きと方位ということばがよく登場します。ではこの二つはどう違うのでしょうか?まず向きは方向です。方位は家の中心から見た向きです。

記事を読む

財位と財方・旺方

財運の方位=財位は、部屋の入り口の対角線上の隅に当たります。入り口が部屋の真ん中にあれば対応する対角線上の隅で、左右に2つあります。

記事を読む