五色

スポンサーリンク
●五色珠の思想
 風水の五色は、五行の木、火、土、金、水からすべてが成立しており、それぞれ木が青、火が赤、土が黄、金が白、水が黒の五色となっています。

五行の5色

五行五季五色五方
長夏中心
西

  五行から見ると右の表のように色が当てはまります。
左から五行・五季・五色・五方と各列毎にそれぞれの性質を現しています。その性質に合わせて各行はグループになっています。
色で見れば春は青(緑)で、五行の木を、方位の中では東を表します。同じように、赤は夏と火と南の色です。黄色は夏の土用、中心、土を表します。白は秋、西、金を表します。黒は冬、北、水を表します。
五行が性質のこととわかれば、なんとなく感覚でイメージできますね。  

国によって、宗教や場所によっても五色は異なります。チベット仏教では、五色の順番は青・白・赤・緑・黄の順番と決まっています。それぞれが天・風・火・水・地すなわち五大を表現しています。神道の神事の場で祭壇の左右に立てる祭具・真榊の場合は両端より中心に向かって、緑(青の代用)・黄・赤・白・紫(黒の代用)の色の順番になります。上棟祭の吹き流しで一列に並べる場合は、東方より緑・黄・赤・白・紫の順に並べるのが一般的です。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。