色と内臓の不思議な関係

スポンサーリンク

  青は肝臓や胆のうの働きを良くします。赤色は体内組織の働きを良くし、心臓、小腸に作用します。黄色は内分泌器官と関連していて、消化器官に作用する色です。白は肺と密接な関係があり、黒は腎臓、膀胱などに影響を与え、排泄物の代謝を促進する作用を持っています。
色はあるものではなく、そのように見えるものですが、独自の波長を持った電磁波の一種であることがわかってきました。身体が自然に欲する食べ物や飲み物と同じく、その日に着たい服の色や絵画の色も自分の身体が欲しているのではないでしょうか。生まれた季節五行色体表も参考にして自分をサポートする色の関係を身につけてみてはいかがでしょう。きっと思わぬ結果が出てくるでしょう。
心臓に問題のある人は、赤と白を身につけ黒を避けます。消火器が弱い人は黄色と黒がプラスで、青はマイナスです。
五色
五臓
六腑小腸大腸膀胱
補助する色
逆効果の色

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。